エイジングケア サプリ

少し前に美容業界で働いている知人と話をする機会があり、エイジングケアについて話をした際に、私がエイジングケアって外側からアプローチするのが主流と思ってたので、そういう話をしたところ、そうでもないと教えてもらったことがあります。

内側からもアプローチの必要もあるという話でした。で、今度は外側と内側からの両面からアプローチする必要性はわかったけど、それができるものは?と聞いたらそれも教えてもらいました。

AGEST

 

詳しくはこちら

潤いを保つ主成分であるヒアルロン酸、デルマタン硫酸、コンドロイチンを配合したサプリメント。

サプリメントを飲み始めて効果実感の声が多く、9割以上の方が高評価をしていてスキンケア大学でも紹介されたこともあるそうです。

初回限定で60%OFFの2,980円で試すことができ、美容液と一緒に試せるので、外側+内側ケアの効果をローコストで試せる。

詳しくはこちら

これを教えてもらった時に疑問に思ったこととして、なぜこれがいいのか?という点でした。それについての知人の話では、美容業界でも注目されているのが、体内の潤いを支える新成分、デルマタン硫酸というものがあり、これがキーポイントになっているそうです。

これは、あまり聞き馴染みがなかったんですが、ヒアルロン酸の一種で、水分保持の大事な役割を担っているそうです。

で、これが注目されているのも理由があり、デルマタン硫酸はヒアルロン酸よりも吸収率が高いことと、プラセンタなどとも相性がかなり良いためとのことでした。

家族もエイジングケアをしていますが、話を聞く限りでは外側からの美容液でのケア中心でした。それでも思うほど効果が体感できないと話していたので、外側だけでは難しいのかと思っていたものです。が、実は体内の栄養素が足りていないということであれば、内側から不足しているものを補う必要があるというのは納得できました。

不足する栄養素を補ったうえで、外部からのケアをする必要があるというわけですね。

まとめ

1.エイジングケアには外側からだけでなく、内側からのケアも必要
2.体内の潤いを補う新成分としてデルマタン硫酸が注目されている
3.デルマタン硫酸はヒアルロン酸以上の吸収率の高さをもつ

お役立ち情報

頭皮 エイジングケア

■プロフィール

カスタマエンジニアとして仕事をしています。趣味としてはPC、主にタワーパソコンを自作したり、ゲームをちまちまやってます。職場とかで脱毛サロンなどの話題が出てきたので、いろいろ調べ始めました。 → 詳細

 

© 2018 脱毛 rss